包茎にも種類があるんです

以外に多くの男性が悩んでいることに包茎の問題があると思います。男性は恥ずかしい事もありあまり相談する事ができないかも知れませんね。包茎には三種類あり、仮性包茎、カントン包茎、真性包茎とあります。違いはと言うと仮性包茎とカントン包茎は自分で皮を剥く事が出来るものです。カントン包茎は剥いた時に締め付けを感じてしまうものになっています。真性包茎は剥くことが出来ない包茎のことなんです。包茎の治療で有名なものはやはり手術になりますね。

包茎で何が悪いの!?

包茎だと何か問題があるの?って言われることがありますが、悩んでいる人の多くは仮性包茎とカントン包茎の人が多い傾向にあります。真性包茎の人は皮が剥けている状態が分からないため、現状を受け入れているひともいるようですね。包茎のデメリットとしてはまず包茎のだと汚れが溜まりやすいというものがあります、また亀頭が隠れているため、刺激が与えられず小さいままになってしまうという事もあるので、治療をするのをオススメします。

治療はやっぱり手術しかない?

包茎の治療はやはり手術がメジャーですね。包茎の人は皮が伸びてしまっているため、切って短くするのが手っ取り早い方法がと言えるでしょう。受けるか悩んでいる人はまず調べてから行くと良いかも知れませんね。手術自体は難しいものではありませんが、メスを入れるものなので、デメリット等詳しく知っていくのが大事ではないでしょうか。治療してしまえばそれからの生活が変わるでしょうし、多くの人が満足しているものなので悩んでいる人は検討してもいいかもしれませんね。

包茎とは勃起したときに皮がむけずに、女性との性交渉が上手くいかない、状態のことをいい治療が必要です。さらに感染症になるリスクも高いです。